旅するねこ②

tabitabii2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:京都( 12 )

東福寺・庭園の美しい開山堂

c0350247_09141978.jpg


GWはいかがお過ごしでしたか?
私はお仕事してました。ようやく今日はお休みでしたが毎年恒例の
町内会の溝掃除・・・・まっいいか(^^)

京都東福寺の境内は思った以上に広くて優美
天通橋を渡った先に開山堂が見えました
厳か・・・

そして枯山水の普門院庭園の素晴らしさ



c0350247_09143871.jpg


古都京都は魅惑に満ちています
悠久の歴史が溢れている



c0350247_09145278.jpg



いやはや、荘厳な庭園に言葉も忘れます
いや~うるさかったっけ(^^)



c0350247_09150003.jpg



秋は相当素晴しいはず 紅葉も見てみたい旅ねこでした



c0350247_09150881.jpg










[PR]
by tabitabi-neko2 | 2016-05-08 09:25 | 京都 | Comments(6)

新緑の絶景スポット 東福寺


c0350247_09263577.jpg


写経を終えて 大本山東福寺へ行きました
京都五山の大伽藍 最古で最大の禅宗建築で有名です
京都駅から奈良線で一駅なのにこんなに広大な敷地を持つお寺があったなんて知らなかった
高台にある本堂を目指します

もみじの林が厳粛で素敵でした


c0350247_09265539.jpg


東福寺では修行に励む僧侶の気持ちを収めるため
桜ではなくもみじを植えているそうです

春から秋にかけて色彩の移り変わりが楽しめるもみじに
ため息まじりで見入ってしまいました





c0350247_09270722.jpg


高台にある通天橋に到着




c0350247_09271812.jpg


今来た道を見下ろすと眼下には新緑の世界が広がっていました

ここから眺める渓谷・洗玉澗の絶景
秋には真っ赤に染まるもみじの紅葉が安易に想像できます

赤だと僧侶の気持ちは、はやらないのか・・ちょっと心配



c0350247_09272918.jpg



京都の美しい景色を心ゆくまで楽しみました




c0350247_09444214.jpg









[PR]
by tabitabi-neko2 | 2016-04-30 09:49 | 京都 | Comments(6)

美しい庭園の勝林寺で写経



c0350247_16083408.jpg

座禅の後は場所を替えて写経です
新緑の美しい庭園を見ながらの写経は感動もの
始める前に右上の小さな入れ物に入った塗香を2~3回振って手でこすり合わせます
身を清めて邪気を払う役目があるそうです 何とも言えず良い香り 
その後般若心経を2ページほど黙読して写経に移ります

薄紙の下にはお手本があるので字が下手でも大丈夫
これがなかったらえらいことになりそう 筆ペンなのもありがたいです
字のかすれや歪みもありましたが久しぶりに縦書きで字を書いた気がします
座禅の成果か次第に背筋がシャンとしてきて足のしびれなど気になりません
 書き終わったら最後に願い事を書いて御祈祷してもらいます

静寂な一日に感謝


c0350247_16085100.jpg

最後にお抹茶と干菓子をいただきました
今日一日を反芻しながら ここに来ることができて本当に良かった
京都で座禅と写経 お勧めです


c0350247_16090353.jpg








[PR]
by tabitabi-neko2 | 2016-04-28 16:33 | 京都 | Comments(2)

新緑の京都で座禅

c0350247_21230523.jpg

初夏を思わせる陽気に包まれた新緑の京都で座禅してきました
体験は今回で2度目です
東山区にある東福寺の塔頭 勝林寺
東福寺の鬼門にあたる勝林寺に毘沙門様をお祀りしています

庭園には青々と茂るカエデが印象的でした


c0350247_21231768.jpg

座禅が始まる前のくつろぎの時間
住職さんから座禅の説明があった後 休憩をはさんで15分の座禅を2回体験します
背中を叩かれる行(きょうさく)は邪念が浮かんだ人が合掌したのを合図に行われます
堂内に響く乾いた音がして身も心もすがすがしくなりました
この静かな時間に浸れることが贅沢だなあって心底思いました





[PR]
by tabitabi-neko2 | 2016-04-26 21:51 | 京都 | Comments(0)

寺田屋

c0350247_15042602.jpg

坂本龍馬が幕史に襲われたという船宿の寺田屋
龍馬に急を伝えるためにおりょうが飛び出したという風呂場が再現されています
今も凛としているなー





[PR]
by tabitabi-neko2 | 2016-04-07 15:42 | 京都 | Comments(0)

十石舟

c0350247_19300645.jpg


予約いっぱいで乗れなかった十石舟 乗りたかったなー・・・


c0350247_19323359.jpg

柳並木をブラブラ歩いてステキな景色も見れたんで まーよかったかなぁ☆


c0350247_19304237.jpg






[PR]
by tabitabi-neko2 | 2016-04-07 07:28 | 京都 | Comments(2)

杉玉

c0350247_10460733.jpg


京都伏見は日本有数の酒処 焼板塀に白壁の酒蔵が並びます。
ちょっと歩くだけでも黄桜や月桂冠など名家に出会えます。
軒下に吊るされた杉玉は新酒が出来たことを表しています。
でっかかったなー☆


c0350247_10461597.jpg







[PR]
by tabitabi-neko2 | 2016-04-06 10:55 | 京都 | Comments(2)

伏見桃山はサクラ盛り

c0350247_18211855.jpg


c0350247_18215355.jpg


伏見桃山へ桜見物 花曇りにも負けず鮮やかなサクラが咲き誇っていました☆





[PR]
by tabitabi-neko2 | 2016-04-05 18:25 | 京都 | Comments(6)

京都・大原さんぽ☆ 風流なお店「魚山園」でランチ♪

c0350247_06241713.jpg

秋晴れ!行楽日和の昨日 はなちゃんママと京都大原さんぽに出かけました
大原は京都でも北東部ここを訪れたのは初めて 京都に詳しいはなちゃんママのナビで
到着することができました!久しぶりに脳使った(00:)
少し狭くなった小道を登ると風流なお店が並びます
平日だったのでなんとか車でも通れましたが退行があれば四苦八苦しそうな道幅です
到着してすぐに予約していた旅館でランチをいただきました

c0350247_06132905.jpg

趣のある和風旅館の「魚山園」隠れ家的な佇まいがしっとり落ち着く玄関


c0350247_06134727.jpg

建物も歴史がうかがえます


c0350247_06091748.jpg

通されるなり外の通りが見渡せる座席に向かいました
予想通り素敵な見晴らし 若々しいカエデが色鮮やかです

c0350247_06135963.jpg
お昼のメニューは6種類ほど その中で2段のお重がかわいい京手提げ膳にしました


c0350247_06140705.jpg

ちょこちょこ盛り付けた器が期待通りかわいい♪
何から食べようか迷ってしまいます


c0350247_06142602.jpg

一の重はお煮しめから出汁まき卵・エビ・ひろうす・いわしの煮ものお浸しと
笹の葉に包まれたのは草餅のような感じ



c0350247_06143424.jpg

二の重は刺身こんにゃく・ニジマスの甘露煮と若竹や糸こんにゃくのピリ辛の和え物
ちょこちょこ盛で目にも嬉しい☆


c0350247_06144415.jpg

こちらは湯葉のようなお豆腐の様な椀物
トロトロのジュンサイに優しい味付けが効いてほっこりしたお味
ザ・京都なお重ががいただけました
年配の方も多く訪れていたので分量も多からず丁度いい具合に盛り付けられているのでしょうね
私はおかずの種類が多くてもう少しご飯と一緒に楽しみたかった感じなのですが
いかんいかんアラフィーにはこのぐらいにしておいたほうがよさそうです(^^)


c0350247_06145809.jpg

お店を出ると新緑が鮮やかな土産物通りにでました
静かで落ち着くわー


c0350247_06151627.jpg

こちらが大原三千院 広い境内が続くようです
他に行きたいところがあったので外からチラ見(。。)




c0350247_06093461.jpg
行ってみたかったのがこちらの宝泉院 大原近辺には様々な寺院がありますがどこも拝観料がかかるので
予め入りたい箇所を考えておくのがいいかと思います
絵画の世界の様な庭園が広がると言われる宝泉院
北の和室には囲炉裏が設えられ落ち着いた景色が見渡せます

c0350247_06180453.jpg

江戸時代初期に建てられた庭園には竹林の間から大原の里の風情がかもし出されるように造られています



c0350247_06182467.jpg

こちらに見える竹筒は石盤に落ちたしずくの音を聞き取れるように設えられ
耳を近づけると意外なことに高音に響く音色が楽しめました


c0350247_06192794.jpg

こちらが庭園の見どころ 樹齢七〇〇年の五葉松
近江富士を型どった見事な枝ぶり
京都の天然記念物に指定されています
額園庭園と呼ばれ柱と柱の空間から庭園を額縁のように見立てて鑑賞できるようになっています
季節ごとに移り替わる景色が楽しめる素晴らしい空間です


c0350247_06194069.jpg

何といっても一番嬉しいのが庭園を鑑賞しながら振る舞われるお抹茶と和菓子!
次から次へと拝観に訪れるの人気ぶりがわかります
時が止まったかのような至福のひと時☆


c0350247_06201946.jpg

中庭の庭園もみごとです



c0350247_06203499.jpg

宝泉院を見学した後は庭園が広がる宝楽園へ移動



c0350247_06205329.jpg

「仏神岩組雲海流水回遊花庭」と言われる長々しい名前
岩や白砂四季とりどりの樹木で仏神並びに宇宙を表しているそうです
ちょっとした迷路状になっていて歩き回れる楽しさが味わえます

c0350247_06210975.jpg

宝泉院から歩いて山に続く里の道を散歩林道になっていて坂道を登るとお墓で行き止まりになっていたので
慌てて引き返すことに・・・ 裏道は勝林院につながっていました
芝生が見事な寺院 裏から来たので拝観料払ってませーん。すいませーん


c0350247_06212409.jpg

坂を下ってお散歩
大原はシソの産地でもあるそうで そこかしこにシバ漬けのお店が並んでいました
歩き疲れたのでお茶でもしたいわー

c0350247_06120977.jpg

三千院のバス停まで下ると陶器ショップを兼ねたカフェを発見!
光が降りそそぐ見晴らしのいい2階へ上がりました



c0350247_06122533.jpg

和菓子のお店もたくさんありましたがここはいっちょうケーキが食べたいわ♪
そう言うところ考えるのは一緒☆
お手製洋梨のタルトをいただきました
木漏れ日が燦々と降り注ぐカフェでまったり
お互いの旅予定を聞きつつ幸せ気分(^^)

やっぱり知らない京都 何度も訪れたいのであります
この後は若干の渋滞に阻まれながらも無事帰宅いたしました!


c0350247_06215933.jpg









[PR]
by tabitabi-neko2 | 2015-10-21 08:50 | 京都 | Comments(5)

京都でお花見②♪

c0350247_09255035.jpg



続いて訪れたのは京都府立植物園 大正13年に開園した日本最古の公立総合植物園だそう。
広さは甲子園球場の6倍!遊歩道がめぐらされたとっても広い公園です



c0350247_09260403.jpg



園内には季節の花やもちろん桜も植えられています





c0350247_09261955.jpg



c0350247_09263035.jpg



c0350247_09263573.jpg



こんなに広いのでカフェにたどり着くまでに一苦労(^^)
ミントが効いてるハーブティーでブレイク☆
おかげでスッキリ生き返りました!











c0350247_09264646.jpg


その後は一度は歩いてみたい「哲学の道」 
あいにく今回はルートに入っていませんでしたが銀閣寺まで歩いてすぐの距離にあります
そぼ降る雨もまた良し☆

若王子橋と銀閣寺橋をつなぐ約1.6kの遊歩道は哲学者・西田幾多郎が
思索にふけながら歩いたエピソードがもとで名づけられたそうです。




c0350247_09270343.jpg




c0350247_09271423.jpg



c0350247_09272578.jpg



哲学とは縁遠いけれどお茶屋さんには目がないので飛び込む(^^)




c0350247_09274076.jpg



「茶房 五建ういろ」のしっぽくらーめん♪ いと美味し☆(^^)
お庭の造りも和める☆




c0350247_09275163.jpg



最後に向かったのは伏見にある「醍醐寺」
国宝が所狭しと並ぶ霊宝館は美しく創設され圧巻でした

それ以上に庭園のしだれ桜の見事なことと言ったら!
こちらの桜には気品と色香があふれているのでした




c0350247_09283509.jpg





c0350247_09284427.jpg





c0350247_09285819.jpg






c0350247_09291265.jpg






c0350247_09292455.jpg





c0350247_09293368.jpg






c0350247_09295378.jpg





c0350247_09300958.jpg




c0350247_09302362.jpg




いつ来ても期待以上の感動を与えてくれる古都京都ですが
今年も儚い桜の時期に愛でることが出来てよかった☆
これからの季節の葉桜や山の緑もますます楽しみ♪
暇を見つけて行ってみたいな(^^)









[PR]
by tabitabi-neko2 | 2015-04-06 10:07 | 京都 | Comments(6)