旅するねこ②

tabitabii2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画( 4 )

映画「わたしに会うまでの1600キロ」☆

c0350247_18031966.jpg

ご無沙汰していました!ここのところ法事があったり洗面所の窓から雨漏りがしたりで
右往左往していましたが やっと自由な時間ができたので行きたかった映画を観に行ってきました!

リース・ウィザースプーン主演の「わたしに会うまでの1600キロ」
このストーリーは原作者のシェリル・ストレイドが「パシフィック・クレスト・トレイル」という
アメリカの西部にまたがる山脈1600キロを3か月かけて一人で横断した実話をもとにした話です
1600キロって皆目見当もつきませんが南はメキシコから北はカナダまでを目指す過酷極まる旅なのです

この映画の見出しからしてバックパックを担ぐストイックな女性
そしてアメリカの雄大な自然を見せてくれる旅好きにはたまらん話・・・と思っていたら
どっこい 心の傷を克服するまでの1600キロを彼女と同じ目線で一緒に荷物を担いで歩く旅に出たわけです。

物語は新品のバックに全て新品の旅行グッズをパッキングするところから始まります
それは彼女の体重よりも重い荷物によろけながら・・・
そして初日のメキシコの荒野 早3キロあたりから後悔が始まります

一日にわずか18キロずつしか進めず話す人もいない
燃料のガスの種類を間違い お粥に水をかけただけの食事が続きます
偶然出会った農夫に一晩のベッドと食事を世話になりガスボンベを買い換えて心も新たに旅に出ます

孤独感だけでなく過酷な山道で足の爪がはがれたり暴漢に襲われそうになったりと
女性の一人山歩きが遭遇する現実も突きつけられます

物語は彼女のトレイルと共に過去の出来事にも触れて行きます
きっかけとなったのは彼女が学生の時 45歳の若さで母親がガンに侵されて亡くなったこと
女手一つで姉弟を育ててくれた母がいなくなった後 自責の念から自分を見失い
生活が荒れヘロインや覚せい剤に手を染め行きずりの人の子供を堕胎し夫と離婚・・・
途方もない人生の坂道を転げ落ちて行くのです
なぜそこまで彼女は自分を見失ってしまったの?
この物語は母と娘の近くて遠い距離感を絶妙に言い表しているのです

父親のDVで逃げるようにして家を出た親子3人の生活
女手一つで苦労をしたにも関わらずいつも陽気で前向きな母親
ようやく子供も大きくなったので娘と一緒の大学に入学し直し今までに出来なかった人生を
送りなおす意欲にあふれていた毎日だったのに脊髄にガンが見つかり1か月でこの世を去ってしまった。
不幸なはずなのに「いつも愛で溢れている」と楽しそうにしていた母
その母親の前向きな姿に素直になれなかったシェリルは大学で会ってもそっけない態度
溢れる愛情で育ててくれた母に対して最後まで優しくすることが出来なかった後悔に苛まれ
取り戻せない時間を埋めるかのように転げ落ちて行った自分・・・・

自分さえも出来ないだろうと思っていた過酷な旅
後悔することばかりやってきたけど この旅を乗り越えることが出来れば人生はきっとやり直せる・・・
母の愛を感じながら一心に前へ進むシェリルを見守ることしかできませんでした

すごい!イメージどおりの映画ではなかったけどそれを追い越すぐらいの話でした
エンディングにその後のシェリルを語っていました
それは素敵すぎて心が楽になりました
最近まれに見る大ヒット☆ 是非映画かDVDで(^_-)-☆















[PR]
by tabitabi-neko2 | 2015-09-09 20:06 | 映画

映画「ジュラシック・ワールド」~地魚処スタンド「ふじ」~「スタンダードブックストア」☆

c0350247_20204298.png


この夏封切の映画「ジュラシック・ワールド」観ることができました!
ジュラシックシリーズ第4弾 待ちに待っていただけに期待は相当
連載ものは無意識にハードル高くなっていくものですね

2002年公開で衝撃を受けたジェラシック・パーク その後のロスト・ワールド
ジェラシック・パークⅢと予想を上回る展開にハラハラしたものです
ここにきてジェラシック・ワールドでは遺伝子の組み換えによって恐竜のハイブリッド種をつくるという
世の流れを採用したものですが どうしても以前のストーリーと比較して見てしまうので
目新しい転換に出会えず少々不完全燃焼気味でもあります


映画の前にお昼ご飯 ルシアスの地下にある地魚処スタンド「ふじ」さんへ
ほんとはここ以外でインドレストランへ行きたくて彷徨っていたのですが
魚のお品書きが目に留まってしまって数十分並んでから入店(^^)


c0350247_20211827.jpg

定食を選んだのですが皆さんはお酒と一品という取り合わせが多そうでした
嬉しいのは1000円以内で食べれること029.gif

c0350247_20212502.jpg
そしておかずが多い! お刺身定食がなんと税込 900円
お盆からはみ出しそうなおかずと・・・・


c0350247_20214071.jpg
新鮮なお刺身がでーん☆
プリップリで歯ごたえこの上なし053.gif


c0350247_20214977.jpg

おかずはサバのポン酢かけ サッパリしていて新鮮!


c0350247_20222024.jpg
温かいのもが嬉しい揚げ出し豆腐や・・・

c0350247_20222710.jpg
魚のアラ煮も新鮮で味付けがよくって最高!


c0350247_20223516.jpg

呑む人も呑まない人も・・・ってほんと呑まなくても美味しいものは食べたい
ルシアスの地下を歩くことがあったら再訪間違いなし!のお店です


c0350247_20224202.jpg


映画を見るまでに時間があったのでHOOPの6階にある「スタンダード・ブックストア」へ
こちらにはインテリアグッズやキッチン雑貨だけでなく本まで売っています


c0350247_20225100.jpg

ショップがオシャレでセンスがいいのは一目瞭然ですが 嬉しいのはチョイスの仕方
定員さんの売りたい本だけが並んでいるのです そのため週刊誌は見当たりません
雑貨と関連した書籍がコーナーごとに並べられていて その周辺全部が好きなものに囲まれるっていう寸法です
欲しい本が手あたり次第見つけられるって幸せの極み☆

c0350247_20225957.jpg
こちらのカフェでは買っていない本も読むことができます
ランチやデザートも豊富☆ ゆったり寛げるテーブルコーナーやコンセント付きのカウンターまであるので
パソコンなど持ち込んで図書館代わりに利用する人が多そうです こりゃー長居するわけだ・・・


c0350247_20230581.jpg
伊丹十三さんや中島らもさんのエッセイが一緒に並んでいたり
妹尾河童さんの旅のスケッチブックや山下清さんのスケッチ本など手に取るだけで懐かしい
チョイスが嬉しすぎます
この日は旅本のコーナーから蔵前仁一さんの「あの日、僕は旅に出た。」を読みました
世界を旅するバックパッカー 
この人の本から旅で長逗留するうちにぬるま湯にどっぷり浸かったまま日本に帰れなくなる事を沈没と言うことを知りました。
特にアジアで沈没する人の旅話が大好き
ホットチャイでのほほんと・・・私もブックストアに沈没でしたわ!


c0350247_20231133.jpg









[PR]
by tabitabi-neko2 | 2015-08-29 23:01 | 映画

ミッション:インポッシブル /ローグ・ネイション

c0350247_18470820.jpg

お待ちしていました!ミッションインポッシブルシリーズ第5作目
帰って来たイーサン・ハントことトム・クルーズ決死のアクションムービー
 高度1500m前人未到↑の飛行機に掴まっての空中スタントに開始早々からハラハラドキドキ!
第1作目から19年もの歳月が経っていようとは思いもよらないアクションぶり
水中パニックにバイクスタントなどなど今回は今までに見たことない角度からの見せ場がありで
トム・クルーズまだまだ健在!を知らしめるのに充分でした

しかしながらストーリーにはちょっと残念な感じが・・・
イーサン・ハントが属するIMFとそれを解体させようとするCIAの暗躍に巻き込まれて行くのですが
命をかけて守ろうとするミッションが読まれつつ それありきで進んで行き
どうも内々の抗争に終始しすぎなのが残念っちゃ残念でした(--:)
シリーズ5作目ともなると悪の組織も底をついちゃんうでしょうかねー

ですが今回は北アフリカのとある場所も出てきてバイクスタントさながら
街の雰囲気も存分に楽しめるんじゃないでしょうか!




[PR]
by tabitabi-neko2 | 2015-08-07 19:21 | 映画

映画「王妃の館」~カレーピッコロ♪~キルフェボン☆

c0350247_18242772.jpg



久しぶりの映画見れてよかった! 水谷豊主演の「王妃の館」☆

倒産寸前の旅行会社が苦肉の策としてフランス・パリのツアーを
豪華なツアーのホテルの空き時間に一般的な価格のツアー客を紛れさせて
その上前をはねようと思索するドタバタコメディ!

豪華な顧客の中には売れっ子作家 北白川右京(水谷 豊)が含まれていて
パリ旅行中に閃いて書きあげた小説「王妃の館」のストーリーが描かれています。

見どころはルーヴル美術館やベルサイユ宮殿などの世界的な建造物で
撮影が行われたことと映画のポイントにもなった
パヴィヨン・ド・ラ・レーヌと言うルイ14世が愛人のために建てたとされる
歴史的なホテルでもあります

ルイ14世と愛人の子供プティ・ルイのストーリーはミュージカル仕立てで流れてきます
奇抜な右京さんのファッションも抜かりなく可愛くてはまっちゃいます(^^)
二つの真逆なツアーの描き方は少々物足りなくもありますが
最後に右京が書き上げたプティ・ルイのストーリーと見事に絡ませて盛り上げるところは
なかなか切なくてホロリとさせてくれます!

しかし最後はさすがの水谷豊 ひょうひょうとしたところは相棒やったっけ・・・
と思わせる安定の結末で締めくくってくれるのでした



映画を見る前にハルカスの12階にあるカレーレストラン「ピッコロ」へ
ハルカスには「ブルーノ」というカレー専門店とこちらの2つ ブルーノへは
以前行ったことがあるのでピッコロがずっと気になってた(^^)




c0350247_18243552.jpg


15分ほど並んで窓辺の席へ
右手にはルシアス・左手にはキューズモールが見えます
きたー!
マンゴラッシー・アイス・サラダがついたビーフカレーのレディースセット☆





c0350247_18244426.jpg



ホロホロにほどける塊のお肉が入ってる!
ルーはそう辛くなく女性にぴったりかも☆
しかも野菜をじっくり煮込んだ様子がうかがえてやはりこれは飲み物(笑)
レディースセットなのでカレーは(小)になってましたがけっこうなボリューム♪
焦って(大)にしなくてよかった これでもこの後の映画はちょっぴり睡魔に襲われた(++)




c0350247_18245334.jpg



デザートも抜かりなく HOOPにできたタルトのお店「キルフエボン」へ
ここのタルト大好き♪ 最近はケーキよりも好きかも☆





c0350247_18251552.jpg


ここでも20分ほど並んで入れました!
「ゴールデンパインとルガール・クリームチーズ」のタルト☆




c0350247_18252272.jpg


わほ!053.gif
パインと気付かないほどの濃厚な甘さとクリームチーズとサワークリームの
なんとも大人酸っぱい抜群の組み合わせ☆
こりゃーまだまだいろんな種類試してみたい(^^)

そんなこんなしているとHOOP広場で「ラブリ」のファッショントークショーが始まりました!
撮影禁止だったので残念・・・
実際は案外小柄 スッキリしたボーイッシュな可愛さだったので
芸能人芸能人してないっていうか普通に歩いていたら案外気づかれないかも
しかし2・3日したらラブリっていう名前も思い出せないやろなー(;;)

 



c0350247_18253292.jpg











[PR]
by tabitabi-neko2 | 2015-05-04 19:35 | 映画